我、海外から見た日本を考える

どうもTenです。

今回は多角的にものを見る事の大切さついて書きます。

日本地図をもっている人は地図をひっくり返し北と南を逆にして日本を見みてください

そうすると以下に日本が韓国や中国、北朝鮮から邪魔な位置にあるかが分かります。
日本さえなければこの広い太平洋は俺らのものだったのにと考えるでしょう。
よって、彼らが反日的になるのは地理的に説明ができます。

今、北朝鮮が荒れていますが真の脅威は中国だと思います。
北朝鮮はミサイルは撃ちますが軍事的に戦闘機で領空、領海侵犯はしていません。
私は勝海舟が好きなのですが、彼の言葉に「シナ(中国)は動きだしたら止まらない」という一説があったと思います。
その本の名前は「氷川清話」だったと思いますので、興味のある方は読んでみると面白いと思います。
そこそこ大きい図書館なら置いてあると思います。

中国的には北朝鮮の暴走で日本が軍事力をつける事を良く思わないでしょうから今の北朝鮮は中国の支配下でないでしょうね。
北朝鮮に注意が向いている今こそ、他の国の動向に注目するのは面白そうですね。


ではでは。








[PR]
by tokiha_kane7ri | 2017-09-05 22:00 | Comments(0)