我、賢さについて考える

どうもTenです。

今日は賢さについて考えてみます。
私の学生時代の偏差値は50前後でしたので学力的には平均ぐらいではないかと思います。
でも、自己評価ではかなり賢い部類ではないか勝手に思い込んでいます。

その理由は何かニュースがあった時に動機や理由を独自に考えるのが好きでのメディアの報道におかしな点があった場合、
俺ならこうするけどね。と思い日々自信がついたりしているからだと思います。

日本で一番賢い大学は東京大学でしょうが、東大に受かる能力というのはたかだか赤本の問題が制限時間内に解くことができたにすぎない。
僕が思う賢さとは、他人のまねするだけでなく、そこに独自の工夫をして精度を上げる事になるかと思います。

やはり、何か成果を出すには一日中その事を考えておく必要があり、ひょんな事から新しい発想が出ます。
一般的には賢さ=知識量だと思いますが、知っているだけでは案外訳に立たない。
ですので、近い内に旅行にいって色々体験してこようかと思っている今日この頃です。


ではでは。



[PR]
# by tokiha_kane7ri | 2017-09-10 18:15 | Comments(0)

どうもTenです。

なんとなく気分がのったのでブログ書いてます。

題名にもありますが今回は本紹介です。
タイトル:無敵の思考 誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21
  著者:西村博之

本の著者(ネタ提供者?)は西村博之氏、通称ひろゆき、さんです。
彼はときどきネットで長時間配信して論理的に話をするのが面白く動画を見ています。
本を発売したとの事なので読んでみました。

基本的にはインターネットの動画で話している内容がほとんどです。

本の中で一番面白いと思ったのが「消費者は一生幸せにはなれない、モノづくりをしましょう」といった内容。
これは、私も経験がありますが、他人にはくだらないものでも工夫しながらモノを作る楽しみは消費では得られない充実感があります。

そして、私とは考えが違うというのが、食事決めはルールを予め決めて行動するという事。
いちいち考えるのにはエネルギーがいるので最初からルール決めをしてその通りに行動するのが楽だという考え方です。
これは、僕と異なった価値観ですね。僕はすごく気分屋なのでルール通りにやるのは縛られる気がしてストレスがたまる。
これは、性格の違いなので人それぞれかと思います。

個人的におしいのが、本では色々な考え方があり面白いのですが、内容がバラバラなので一体だれをターゲットに買わせようとしているのが分かりずらいかなと思います。著者は後書きにて、この思考で少しでも楽に生きる人が増えたらうれしい。と書いていたのでネットで引きこもり自信がない人が読んだら、こんなにも自分に甘い人でもりっぱに社会人ができるという根拠のない自信がつき。生産活動をなんでもよいのでしたらよいかと思います。個人的に最初は朝散歩ですれ違う人に全員あいさつがおすすめ活動だったりします。


ではでは。








[PR]
# by tokiha_kane7ri | 2017-09-09 23:24 | Comments(0)

どうもtenです。

まずは、下の動画を見てほしい話はそれからだ。

【プロフェッショナル】ウメハラ 梅原大吾【オープニング】
 →https://www.youtube.com/watch?v=-3ao-n_hil8

ssf4ae【Evolution 2012】Gamerbee (Adon) vs.Daigo Umehara (Ryu) 【世界最大規模格ゲー大会】ウメハラが見せた神試合
 →https://www.youtube.com/watch?v=JP1d8JQQAGc

僕が格闘ゲームに興味を持ったのが上の動画がきっかけ。
格闘ゲームの何が魅力的かというと同じ肉体で勝負できる所だ。
何を言っているのだと思うかもしれないが考えてみてほしい。
もし、有名なプロボクサーであるモハメドアリと同じ体を自分ももっているとしたら勝てると思わないだろうか。
格闘ゲームではキャラは複数いるが当然上手い人と同じキャラを使う事ができる。その場合肉体の強さは同じだ。
しかし、ネット対戦をすれば分かるが少し上手い人にあたると何もできずにぼこぼこにされる。
本当に同じキャラを使っているのかと思うぐらい技術の差がある。これが格闘ゲームの魅力。
格闘ゲームの魅力は選択しにあると思う。そこで、上級者同士の戦いでは、よくその行動ができるなと関心し感動する。
一個一個の行動はレバー回しとボタンを押すだけなので簡単である。しかし、瞬時に最適な行動を選択するのは非常に難しい。
そこには確かに憧れるものがある。

興味がある人は日本で最初に格闘プロゲーマーとなったウメハラの勝負論をよんでほしい。軽く本の説明をすると
世界一勝ち続けている人の思考が書いてあります。つまり「負けても成長する。分解して考える。基礎を大事にする。」
↓本のアマゾンURLです。
https://www.amazon.co.jp/%E5%8B%9D%E8%B2%A0%E8%AB%96-%E3%82%A6%E3%83%A1%E3%83%8F%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%B5%81%E5%84%80-%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E9%A4%A8%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E6%A2%85%E5%8E%9F-%E5%A4%A7%E5%90%BE/dp/4098251817


ではでは。


[PR]
# by tokiha_kane7ri | 2017-09-05 22:22 | Comments(0)

どうもTenです。

今回は多角的にものを見る事の大切さついて書きます。

日本地図をもっている人は地図をひっくり返し北と南を逆にして日本を見みてください

そうすると以下に日本が韓国や中国、北朝鮮から邪魔な位置にあるかが分かります。
日本さえなければこの広い太平洋は俺らのものだったのにと考えるでしょう。
よって、彼らが反日的になるのは地理的に説明ができます。

今、北朝鮮が荒れていますが真の脅威は中国だと思います。
北朝鮮はミサイルは撃ちますが軍事的に戦闘機で領空、領海侵犯はしていません。
私は勝海舟が好きなのですが、彼の言葉に「シナ(中国)は動きだしたら止まらない」という一説があったと思います。
その本の名前は「氷川清話」だったと思いますので、興味のある方は読んでみると面白いと思います。
そこそこ大きい図書館なら置いてあると思います。

中国的には北朝鮮の暴走で日本が軍事力をつける事を良く思わないでしょうから今の北朝鮮は中国の支配下でないでしょうね。
北朝鮮に注意が向いている今こそ、他の国の動向に注目するのは面白そうですね。


ではでは。








[PR]
# by tokiha_kane7ri | 2017-09-05 22:00 | Comments(0)

どうもTenです。

今日は気分ノリノリでブログ更新してます。

よくテラビでも特別番組でしょうかいされる宇宙人。彼らは本当に存在するのか考えてみましょう。
私が知的生命体に必要と思う条件は以下の通り

1.手先が器用である。→でないと道具を作り出せない
2.意思の疎通がめちゃくちゃ速い→個体での知恵には限界がある
3.相手を思いやる気持ちがある。→でないと、争いまくって文明滅ぶだろう。

この条件を有名な宇宙人像であるグレイに当て嵌めた時に思うのは彼らは手先があまり器用そうでないという事。
よって、グレイは宇宙生物ではありえるかもしれないが、人類を超える知的生命体ではない。

グレイがいるとすればその正体は地底生物である可能性が高い。その理由は白い肌と発達した大きい目があるから
これは光が少ない地下での生物だと説明がつく。
という訳で最近、宇宙人より地底人に興味がある今日このごろです。


ではでは。




[PR]
# by tokiha_kane7ri | 2017-09-05 21:43 | Comments(0)