どうもTenです。

前回に引き続きの内容です。
火星に働く力について考えていまして良いアイデアが出ましたのでブログに書きます。
最初は火星に働く万有引力と遠心力の力のつり合いを調べようとして計算したのですが、遠心力が小さすぎて怪しい感じになったのでこのアイデアは
没になりました。
そこで、原点回帰し必要なのは火星を近づけるのに必要な力です。
ということは火星が地球に近づく前と後での万有引力の差を計算したら良いのではと思いました。

改めて言うと私は天体はど素人なので計算は間違っているかもしてません。
そもそも計算も高校物理の簡単な式しか使っていないので知人にドヤ顔で説明するのはご遠慮ください。

万有引力の計算しきはネットでちゃちゃっと調べエクセルで計算式を作ります。
手計算でも良いのですが、今後も使いやすいようにエクセルで残しておきます。この習慣は学生の時の経験からです。

火星と地球の距離が半分の時に火星に働く万有引力は4.49×10^38[N]
元々の火星に働く万有引力は×3.72×10^38[N]
この差を計算してすると7.72×10^37[N]

仕事帰りなので疲れました。
今回はここまでにして次回から具体的にエネルギーを計算していきましょう。

ではでは。



[PR]
by tokiha_kane7ri | 2017-11-20 21:56 | Comments(0)

どうもTenです。

久々にブログ更新します。
最近、火星に人間が住むには火星に行くまでの距離と火星の気候が問題なのでこれを解決すれば火星に人類はいけるようになるのではと思ったので、試しに計算してみようと思います。

日本の人口は減少傾向ですが、世界的には人口は増加しています。
地球の資源は限られている訳ですからこのまま人口が増え続けると資源の争いが過激になり戦争になり人類が滅びかねないと思います。すぐにという事はないでしょうが数百年ごには現実的に問題になっているかもしれません。

そこで、第2の地球として火星の登場というわけです。
個人的に宇宙船で一カ月くらいの時間で行けるなら現実的かなと思います。じゃ現実的にはどれくらいの時間でいけるのか
計算してみます。
地球と火星が再接近したときの距離は約7000万km、地球から脱出するのんに必要な速度(第2宇宙速度)は11.2km/s
なので、7000×10^4÷11.2=6.25×10^6[秒]
               =72.3[日]
となり約2ヶ月半かかってしまいます。

さらに火星の平均気温はマイナス43℃らしいのでこれでは人間は生きていけないのではと思います。

なので、思いきって火星を地球に近づけちゃいましょ

目標は一ヶ月で火星到着なので地球と火星との距離を今の0.4倍にしたら一ヶ月で火星に行けて
太陽との距離も近くなるので、気温もある程度上がるはず
天体の軌道の難しい事は良く分からんので、とりあえず再接近した距離を今の0.4倍にすると考え計算します。よって必要な移動距離は7000×(1-0.4)=4200万km

ここまでは良いのですが計算には加速度が必要でして、火星に働く加速度は僕は知らないのです。
今度、ケプラーの法則を勉強して続きを計算してみたいと思います。

ではでは。


参考にしたサイト
 主な天体までの距離と大きさ→http://photon.sci-museum.kita.osaka.jp/question/text/distance.html
 火星 - Wikipedia→https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E6%98%9F
 宇宙速度 - Wikipedia→https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E9%80%9F%E5%BA%A6
 TNT換算 - Wikipedia→https://ja.wikipedia.org/wiki/TNT%E6%8F%9B%E7%AE%97
 1 重力の法則 - 大阪教育大学 天文学研究室→http://quasar.cc.osaka-kyoiku.ac.jp/~fukue/lecture/astronomy/dynamics.pdf


[PR]
by tokiha_kane7ri | 2017-10-29 22:02 | Comments(0)

どうもTenです。

最近の翻訳サイトの技術はすごいですね。
どれぐらい精度があるのか次の記事で前の記事を自動翻訳し海外からアクセス数が伸びるのか実験していきます。
予想としては1.5倍です。以下上記内容を自動翻訳してみました。

English
The technology of the recent translation site is amazing.
How accurate is it? We will experiment with the next article to automatically translate the previous article and expand the number of accesses from overseas.
As expected one. five times. I tried to translate the above contents automatically.

Français
La technologie du site de traduction récente est étonnante.
Quelle est la précision? nous allons expérimenter avec le prochain article pour traduire automatiquement l'article précédent et augmenter le nombre d'accès de l'étranger.
Comme prévu un. cinq fois. J'ai essayé de traduire le contenu ci-dessus automatiquement.

内容あってるのかね
ではでは。


[PR]
by tokiha_kane7ri | 2017-09-10 21:30 | Comments(0)

どうもTenです。

そろそろセミの鳴き声が聞こえなくなった今日この頃です。

IT業界では、人工知能がブームになっているらしいです。
その中で特に話題になっているのがシンギュラリティ(技術的特異点)という言葉。
意味は簡単にいうとロボットが人間の知能を超える時のことらしいです。

ちょっと前ですが、囲碁ソフトに人間のプロが負けるのがニュースになっていましたね。
これにはディープラーニングと言われる手法が用いられました。この方法は人工知能が失敗を繰り返しながら規則性を見つけるという手法です。私は人工知能の専門家でないのでちょっと間違っているかもしてませんがイメージは間違えていないと思います。

僕の理解ではディープラーニングは過去の事例から最適だった答えをだすのが限界ではないかと思います。
ようするに『前にこうだったから次もこれじゃね』。という結論を瞬時に導きだす事ができるようになる。
これでは人間を超える事はできない。つまりルールを守る事はできるがルール自体を作り出す事はできない。
ようするに最適解だけで遊べない。
それでも十分すごい技術だと思います。人工知能の発達により過去の犯罪から統計的に犯罪場所が分かりそこを警察が巡回する事で
治安がよくなった事例もあるそうです。

ここからが僕の考えるシンギュラリティですが、おそらくそれはソコンと昆虫の融合により実現する。
昆虫は地球上で一番反映している生物であり、寿命が短い事もあり行動は最適化され柔軟性も持ち合わせています。
おそらく人間とパソコンの思考回路をつなぎ合わせても人間は耐えられないと思います。感情が強いので精神が壊れそうです。
なので、パソコンだけで色々やっている内はシンギュラリティの心配はないだろうと予想しています。


ではでは。








[PR]
by tokiha_kane7ri | 2017-09-10 19:57 | Comments(0)

どうもTenです。

今日は気分ノリノリでブログ更新してます。

よくテラビでも特別番組でしょうかいされる宇宙人。彼らは本当に存在するのか考えてみましょう。
私が知的生命体に必要と思う条件は以下の通り

1.手先が器用である。→でないと道具を作り出せない
2.意思の疎通がめちゃくちゃ速い→個体での知恵には限界がある
3.相手を思いやる気持ちがある。→でないと、争いまくって文明滅ぶだろう。

この条件を有名な宇宙人像であるグレイに当て嵌めた時に思うのは彼らは手先があまり器用そうでないという事。
よって、グレイは宇宙生物ではありえるかもしれないが、人類を超える知的生命体ではない。

グレイがいるとすればその正体は地底生物である可能性が高い。その理由は白い肌と発達した大きい目があるから
これは光が少ない地下での生物だと説明がつく。
という訳で最近、宇宙人より地底人に興味がある今日このごろです。


ではでは。




[PR]
by tokiha_kane7ri | 2017-09-05 21:43 | Comments(0)

どうもtenです。

先日、北朝鮮の核実験による地震が話題になっておりましたので、今回は人工津波について考えてみました。

人工津波と言えば東日本大震災の時にネットで話題になっていました。
他人の言うことは信用できないので、私なりにちょっと考えてみます。
結論から言うと技術的には可能だろうけどばれずにやるのは無理でしょう。

まず、人工津波を起こすのに必要な要素を考えます。
①どう海底プレートを刺激するのか。
 →今回の北朝鮮の地震が核兵器によるものと考えればエネルギー的に核兵器を用いれば可能かと思います。

②どこを掘ればよいのか。
 →プレートの境目を狙う必要があるので、海洋探査技術が優れている、もしくは過去の自然津波発生地を狙えばよいので
  場所の特定はそこまで難しくないと思います。いざとなれば複数の場所に核兵器を仕掛け同時に爆発すればよいと思います。

③どうやって掘るのか。
 →ネット情報ですが以下のHPに簡単に海底掘削技術が紹介されています。
 http://www.jdc.co.jp/business/offshore/drilling.php
 これによると少なくともプラント設備あるいは大型船が必要となり、潜水艦のような船では掘削作業が行えないと思われます。
 東日本大震災の震源場所は日本領海内みたいなのでさすがにこんな不審な船が長期間作業していたら気づくだとうかと思います。

よって私は技術的には可能だろうけどばれずにやるのは無理でしょう。
と結論づけました。


ではでは。






[PR]
by tokiha_kane7ri | 2017-09-05 18:08 | Comments(0)

どうもtenです。

ミサイル技術について調べようとネットを軽く調べていましたが上手くはかどっていません。
ですので、今回はミサイルを撃つのに必要な要素を考え今後それぞれについて調べて記事にしようと思っています。

ぱっと思いつくミサイルの構成要素は以下の通りかな。

1.ミサイル(箱)
 大気圏突入に関して高温になることが予想されるので、断熱処理が必要。ミサイル自体が回転しないような仕掛けが必要。
 ロケットのスカートっぽいので向きの微調整をしているのかも。
 衛星と通信するために各種センサーが搭載されていると予想。

2.エンジン
 核となる技術っぽい。簡単にいうと燃料を燃焼させることで推進力を得る。
 大型すぎると打ち上げにくいので高効率な燃焼が求められそう。
 燃焼は高温が予想されるので、材料に配慮が必要。

3.燃料
 液体燃料と固体燃料があるみたい。固体燃料だと敵国の衛星で燃料補給タイミングが分からずに、
 すぐに打ち上げることができるので脅威みたい。

4.衛星
 核となる技術っぽい。ミサイルと通信しながら正確に誘導する。一台でできるのか複数台必要なのか不明。

これから、順に調べて記事にしていきます。
ではでは。





[PR]
by tokiha_kane7ri | 2017-09-02 20:29 | Comments(0)

我、すだれについて知る

どうもtenです。

突然だが、すだれに(簾)ついて知りたくなたから調べてみた。

まずは歴史だが万葉集にて初めて簾という文字が登場するようだ。
つまり奈良時代には少なくともすだれがあったということ。
材料は竹やアシを編んでいる。
効果的に使用するにはは水を振りかけるとよいそうですよ。

↓作り方の動画ですよ。
日本の夏を彩る「京すだれ」ドキュメント映像
https://www.youtube.com/watch?v=eDr9unzAfp0

ではでは。

[PR]
by tokiha_kane7ri | 2017-09-02 17:01 | Comments(0)

どうもtenです。

気分が乗ったので、今日はブログを書いています。

タイトルにもありますが、これから10年ぐらい先の未来予想をしてみようと思います。

まずは衣食住について考えていきましょう。

1.衣
 服には興味がないのでよく分かりませんが、スーツを着ている人は減っているでしょう。紳士服業界は低迷するのではないかな
 今は露出する服がはやっているので肌をみせない服が若者の間で流行っているかも。

2.食
 24時間営業の店は減っているでしょう。とうより外食産業より食品の卸売の業者が増えているでしょう。農家は安泰だと思います。
 外食産業低迷の理由は日本が慎ましくなるにつて集団生活する人が増え家で料理する人が増加すると思うからです。
 世界的にみつろ水不足気味になっていると思うので、富士山とかのおいしい水を販売している業者は利益をあげるでしょう。
 日本は水が豊富なので主要都市には海外からの移住者がいまの3倍くらいにはなっているのではないかと思います。

3.住
 集団で住む人が増えるでしょう。よって田舎に住む人はされにへると予想します。思うに、大都会の人口はこれ以上増えない
 と思いますが、都会から50km以内の都市に田舎から着た人が移り住み人口が増加するでしょう。この時代になると
 地下10階立てぐらいのマンションができてきていると思います。
 まだまだ先ですが、これから地球が温暖化や寒冷化しても地下の気温は一定なので地下にアリのように住んで行くのではないかと
 思っています。

4.新しくできる産業
 VR技術はどんどん発展していくと思われます。おそらく教育にもVRが適用され工場見学も教室に居ながらVRで体験
 できるようになりはじめているのではないだろうか。

 エネルギー産業は10年後なんとなく中東は今より荒れてそうなので石油の値段が上がっている。という事は
 原発は引き続き稼働しているでしょう。日本は土地が狭いので太陽光、風力発電はこれ以上伸びないでしょう。
 ということで伸びてそうなのは水力発電、地熱発電、バイオ発電。
 水力発電は幅が10mくらいの川に実験的に投入されるのではないか思います。ですので川の近くに住む人の電気代は安くなるかも。
 地熱発電は将来的には日本の主力発電になるのでは。もう少し小型で発電できれば地方自治体で発電所ができているのはないかな。
 バイオ発電は今でも下水処理場の消化槽からでるメタンガスで発電してますが、より多くの自治体で発電しているでしょう。
 ちなみに、個人的に水素社会が来ることはありえないと思っています。水素は危険だと思っているからです。

 ロボットはせいぜいホテル受付やスーパーのレジにロボットがでてくるくらいで日常ではそこまで変化はないと思います。
 あるとすれば人の相談を聞いてくれる悩み相談ロボットが誕生しているかも。

ではでは。



[PR]
by tokiha_kane7ri | 2017-09-02 16:00 | Comments(0)

ツイッターの可能性

どうもTenです。

今日はgoogleさんによると世界音楽の日だそうなので、オススメの音楽をツイートしていました。
最近ブログと一緒にツイッターを始めましたが、これはすごい。情報収集がめちゃくちゃ速くて簡単です。
さらに、フォローしている人を見る事によりその人が何に興味があるのかまるわかりです。
『ツイッターを使いこなす人が世界を制す』といっても過言でないかもね。

ではでは。

[PR]
by tokiha_kane7ri | 2017-06-22 00:24 | Comments(0)