以下は別記事の自動翻訳です。英語とフランス語で書いています。
The following is an automatic translation of another article. I write in English and France language.
Ce qui suit est une traduction automatique d'un autre article. J'écris en anglais et en France.


English
It is around this time today that the cry of the cicada is not heard soon.

In the IT industry, artificial intelligence seems to be booming.
The Singularity (technical singularity) is a particularly hot topic.
The meaning is to be easy when the robot exceeds man's intelligence.

It was a little while ago, but it was news that human pros lose to go software.
This technique was called deep learning. This method is a method of finding regularity while the artificial intelligence repeats the failure. I do not think that the image is mistaken though I am not an expert of artificial intelligence because I am a little wrong.

In my understanding, deep learning is the limit to the best answer from past cases.
It was like this before, so it's not the next one. It comes to be able to begin to lead the conclusion in an instant.
It is not possible to exceed man in this. In other words, you can keep the rules, but you can't create the rules themselves.
I can not play only the optimal solution to do.
Still, I think that it is a great technology enough. By the development of artificial intelligence, statistically, from past crimes, we know where the crime is, and the police patrol it.
There are some cases where security has become better.

This is the singularity I think of, but it is probably achieved by the fusion of personal computers and insects.
Insects are the most reflective living organisms on the planet, and they have a short lifespan and are optimized for action and flexibility.
I think humans can not endure even if I connect the thought circuit of the human and the PC perhaps. The spirit is likely to break because feelings are strong.
So, I expect that there will be no worry of singularity in doing various things only on a personal computer.

Français
C'est autour de cette époque aujourd'hui que le cri de la cigale n'est pas entendu bientôt.

Dans l'industrie des TI, l'intelligence artificielle semble être en plein essor.
La singularité (singularité technique) est un sujet particulièrement chaud.
Le sens est d'être facile quand le robot dépasse l'intelligence de l'homme.

Il était un peu plus tôt, mais c'était des nouvelles que les professionnels de l'homme perdent pour aller logiciel.
Cette technique a été appelée deep learning. Cette méthode est une méthode pour trouver la régularité tandis que l'intelligence artificielle répète l'échec. Je ne pense pas que l'image est erronée si je ne suis pas un expert de l'intelligence artificielle parce que je suis un peu mal.

Dans ma compréhension, l'apprentissage profond est la limite à la meilleure réponse des cas passés.
C'était comme ça avant, donc ce n'est pas le suivant. Il s'agit d'être en mesure de commencer à mener la conclusion en un instant.
Il n'est pas possible de dépasser l'homme dans ce. En d'autres termes, vous pouvez conserver les règles, mais vous ne pouvez pas créer les règles elles-mêmes.
Je ne peux pas jouer seulement la solution optimale à faire.
Pourtant, je pense que c'est une grande technologie assez. Par le développement de l'intelligence artificielle, statistiquement, des crimes passés, nous savons où se trouve le crime, et la police la patrouille.
Il y a des cas où la sécurité est devenue meilleure.

C'est la singularité que je pense, mais il est probablement réalisé par la fusion des ordinateurs personnels et des insectes.
Les insectes sont les organismes vivants les plus réfléchissants sur la planète, et ils ont une durée de vie courte et sont optimisés pour l'action et la souplesse.
Je pense que les humains ne peuvent pas supporter, même si je relie le circuit de pensée de l'homme et le PC peut-être. L'esprit est susceptible de rompre parce que les sentiments sont forts.
Donc, je m'attends à ce qu'il n'y aura pas de souci de singularité à faire des choses différentes que sur un ordinateur personnel.





[PR]
# by tokiha_kane7ri | 2017-09-10 21:47 | Comments(0)

どうもTenです。

最近の翻訳サイトの技術はすごいですね。
どれぐらい精度があるのか次の記事で前の記事を自動翻訳し海外からアクセス数が伸びるのか実験していきます。
予想としては1.5倍です。以下上記内容を自動翻訳してみました。

English
The technology of the recent translation site is amazing.
How accurate is it? We will experiment with the next article to automatically translate the previous article and expand the number of accesses from overseas.
As expected one. five times. I tried to translate the above contents automatically.

Français
La technologie du site de traduction récente est étonnante.
Quelle est la précision? nous allons expérimenter avec le prochain article pour traduire automatiquement l'article précédent et augmenter le nombre d'accès de l'étranger.
Comme prévu un. cinq fois. J'ai essayé de traduire le contenu ci-dessus automatiquement.

内容あってるのかね
ではでは。


[PR]
# by tokiha_kane7ri | 2017-09-10 21:30 | Comments(0)

どうもTenです。

そろそろセミの鳴き声が聞こえなくなった今日この頃です。

IT業界では、人工知能がブームになっているらしいです。
その中で特に話題になっているのがシンギュラリティ(技術的特異点)という言葉。
意味は簡単にいうとロボットが人間の知能を超える時のことらしいです。

ちょっと前ですが、囲碁ソフトに人間のプロが負けるのがニュースになっていましたね。
これにはディープラーニングと言われる手法が用いられました。この方法は人工知能が失敗を繰り返しながら規則性を見つけるという手法です。私は人工知能の専門家でないのでちょっと間違っているかもしてませんがイメージは間違えていないと思います。

僕の理解ではディープラーニングは過去の事例から最適だった答えをだすのが限界ではないかと思います。
ようするに『前にこうだったから次もこれじゃね』。という結論を瞬時に導きだす事ができるようになる。
これでは人間を超える事はできない。つまりルールを守る事はできるがルール自体を作り出す事はできない。
ようするに最適解だけで遊べない。
それでも十分すごい技術だと思います。人工知能の発達により過去の犯罪から統計的に犯罪場所が分かりそこを警察が巡回する事で
治安がよくなった事例もあるそうです。

ここからが僕の考えるシンギュラリティですが、おそらくそれはソコンと昆虫の融合により実現する。
昆虫は地球上で一番反映している生物であり、寿命が短い事もあり行動は最適化され柔軟性も持ち合わせています。
おそらく人間とパソコンの思考回路をつなぎ合わせても人間は耐えられないと思います。感情が強いので精神が壊れそうです。
なので、パソコンだけで色々やっている内はシンギュラリティの心配はないだろうと予想しています。


ではでは。








[PR]
# by tokiha_kane7ri | 2017-09-10 19:57 | Comments(0)

我、賢さについて考える

どうもTenです。

今日は賢さについて考えてみます。
私の学生時代の偏差値は50前後でしたので学力的には平均ぐらいではないかと思います。
でも、自己評価ではかなり賢い部類ではないか勝手に思い込んでいます。

その理由は何かニュースがあった時に動機や理由を独自に考えるのが好きでのメディアの報道におかしな点があった場合、
俺ならこうするけどね。と思い日々自信がついたりしているからだと思います。

日本で一番賢い大学は東京大学でしょうが、東大に受かる能力というのはたかだか赤本の問題が制限時間内に解くことができたにすぎない。
僕が思う賢さとは、他人のまねするだけでなく、そこに独自の工夫をして精度を上げる事になるかと思います。

やはり、何か成果を出すには一日中その事を考えておく必要があり、ひょんな事から新しい発想が出ます。
一般的には賢さ=知識量だと思いますが、知っているだけでは案外訳に立たない。
ですので、近い内に旅行にいって色々体験してこようかと思っている今日この頃です。


ではでは。



[PR]
# by tokiha_kane7ri | 2017-09-10 18:15 | Comments(0)

どうもTenです。

なんとなく気分がのったのでブログ書いてます。

題名にもありますが今回は本紹介です。
タイトル:無敵の思考 誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21
  著者:西村博之

本の著者(ネタ提供者?)は西村博之氏、通称ひろゆき、さんです。
彼はときどきネットで長時間配信して論理的に話をするのが面白く動画を見ています。
本を発売したとの事なので読んでみました。

基本的にはインターネットの動画で話している内容がほとんどです。

本の中で一番面白いと思ったのが「消費者は一生幸せにはなれない、モノづくりをしましょう」といった内容。
これは、私も経験がありますが、他人にはくだらないものでも工夫しながらモノを作る楽しみは消費では得られない充実感があります。

そして、私とは考えが違うというのが、食事決めはルールを予め決めて行動するという事。
いちいち考えるのにはエネルギーがいるので最初からルール決めをしてその通りに行動するのが楽だという考え方です。
これは、僕と異なった価値観ですね。僕はすごく気分屋なのでルール通りにやるのは縛られる気がしてストレスがたまる。
これは、性格の違いなので人それぞれかと思います。

個人的におしいのが、本では色々な考え方があり面白いのですが、内容がバラバラなので一体だれをターゲットに買わせようとしているのが分かりずらいかなと思います。著者は後書きにて、この思考で少しでも楽に生きる人が増えたらうれしい。と書いていたのでネットで引きこもり自信がない人が読んだら、こんなにも自分に甘い人でもりっぱに社会人ができるという根拠のない自信がつき。生産活動をなんでもよいのでしたらよいかと思います。個人的に最初は朝散歩ですれ違う人に全員あいさつがおすすめ活動だったりします。


ではでは。








[PR]
# by tokiha_kane7ri | 2017-09-09 23:24 | Comments(0)